交通事故に関する交渉は弁護士にお任せ

###Site Name###

交通事故の被害者と加害者は、冷静に話し合いをしようとしてもどうしても感情的になりがちです。

また逆に連絡しても話が取れないといった、コミュニケーション自体が難しくなる可能性もあります。現在では事故に遭うと、ほとんどの交渉に保険会社が絡んできます。
保険会社はプロですが、営利を追求する会社でもあるので、示談金の提示がなされたとしても精一杯の満額提示でないことが多々あります。



実は、交通事故の慰謝料にはきちんとした計算式が存在します。

交通事故によって発生した後遺障害の等級や、入院通院に要した日数を計算式に当てはめれば、通常で提示されるべき金額がはじき出されます。

しかし、一般の人にはこういった計算式があることすら知らないことが普通で、プロである保険会社から提示されても法律知識がないため反論のしようがありません。

そういったときは、法律のプロ、弁護士の出番です。
実は弁護士の中でも、民事専門とか刑事専門などと得意分野が分かれています。



保険会社との交渉には、経験豊かな交通事故判例を得意とする弁護士をまず探すことです。一般人では反論できなかった示談交渉も、不適切な点においては前例や法律を例に出して反論し、交渉してもらえるため、当初の提示額が計算式よりも低かった場合は増額される可能性が非常に高くなります。また、日常生活を営みながら、交渉を続けることは肉体的にも精神的にも非常に大きなストレスになりますが、すべての交渉をお任せでき、怪我の治療やリハビリに専念できます。